1984年生まれマイル初心者が目指す陸マイラー生活

ANAマイル獲得を中心に楽天ポイントや投資信託、FXでの自己流資産運用についても紹介したいと思います。

夫婦で陸マイラーを始めてみた

どうも1984年生まれです。

 

今日は陸マイラーで獲得するポイントを増やす方法について書いてみます。
その方法とは表題にある通り、配偶者等の家族に協力してもらい、自分と同じようにポイントサイトに登録して案件をこなしてもらうことです。

 

ワタクシの場合は妻に協力してもらいました。
こういうのを家族や友人にお願いするのって、ちょっと躊躇しますよね。
「紹介したサイトに登録してくれないか。そしたら、俺にもポイントがつくんだ。」って、まぁよくあるウマい話みたいですよね。
かく言う自分も最初はポイントサイトって何だか怪しいなと思っていました。
なので、始める前には、ネットを駆使して色々な方のブログを拝見したりして、情報収集しました。
その上で妻に話をしたので、何となく怪しいものではないということは理解してもらえたようです。

 

そして、ワタクシから紹介する形で妻も登録が完了しました。
ハピタスではこの紹介した人をハピ友と称しています。
紹介した人、紹介された人に初期ボーナスでわずかながらポイントをもらえますが、何より大きいのは、ハピ友がクリアした案件のポイントについて、その10~40%が自分にも付与されることです。

例えば、ワタクシの場合だと妻が10,000ポイントの案件をクリアすれば1,000~4,000ポイント付与されます。
ポイントに幅があるのは、自分のステージランクによって異なります。
ステージランクはハピ友の数または当該月の獲得ポイントによって変わります。

自分だけだと月に18,000マイルなのが、妻も同じように案件をこなせば、世帯獲得マイルは月36,000マイルに。一年続ければ432,000マイルを獲得することができることになります。
しかも、ハピ友紹介制度もあるので、ワタクシの分は月に1,800~7,200マイル加算されます。
もうバラ色のような陸マイラー生活ですね。

 

しかし、夫婦で陸マイラーをするにあたってはいくつか注意点があります。

詳細は以下の諸先輩のブログを参考にしてもらえるといいかなと思います。

 

www.traveler-da1.com

www.heymilelab.com

上記のよく分かる記事で色々と説明されていますが、ワタクシの現時点で実感したところでは、

  • 同じPCやIPアドレスから申し込みをしない。
  • どちらから紹介するかをよく考える。

1点目は、今日時点で妻がFX案件で2件審査落ちしました。

審査落ちの理由は教えてもらえないのですが、1件は同じIPアドレスから申し込んだのが理由ではないかと考えています(詳細は別記事で書こうと思います)。

 

2点目は、より多く案件をこなせる方が紹介を受けるように設定すべきということです。

ワタクシの場合、妻が専業主婦なのでクレジットカード等で審査落ちする可能性があります。

そうすると、紹介元であるワタクシに付与される紹介ポイントが少なくなってしまいます。これについては惜しいことをしたな~と後悔ばかりです。

 

既に陸マイラーとして活躍してる方からすると、何をいまさらと言った内容ですが、これから陸マイラーにチャレンジする方は、急いでポイントサイトへの登録をする前にじっくり熟考してもらえればと思います。

 

本日も駄文ながら最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村