1984年生まれマイル初心者が目指す陸マイラー生活

ANAマイル獲得を中心に楽天ポイントや投資信託、FXでの自己流資産運用についても紹介したいと思います。

FX案件審査落ちした件(ヒロセ通商)

どうも1984年生まれです。

 

以前に夫婦で陸マイラーを始めた記事を掲載しました。

umareha1984.hatenablog.com

この記事でも記載しましたが、夫婦でFX案件をクリアしてくには注意すべき点があります。

各案件で対象となる要件とともに却下条件が掲載されております。

例えば、同一ユーザーによる重複申し込みや、なりすましはダメですよとか。

FX案件をクリアする上ではこの却下条件を熟読して細心の注意を払わなければなりません。

と肝に命じていたつもりだったのですが、やってしまいました。

 

さようなら7,000ポイント

 

今回はヒロセ通商のFX案件です。

対象条件は、口座開設後に90日以内で1万通貨取引完了というシンプルな内容です。

獲得ポイントはハピタスで7,000ポイントでした。

「どこ得」サイトで調べても7,000ポイントが上限のようなので、ハピタスでの申込を決めました。

しかし、私は陸マイラーを始めるより前にヒロセ通商のFX口座を開設していたので、今回は妻のみです。

淡々と必要事項を記入し、本人確認書類をアップロードし申し込み完了。

もうだいぶ慣れたもので、10分もかかりません。

今回も楽々ポイントゲットだとウキウキしていると、申込から2日後、1通のメールが妻のアドレスに来ました。色々と書いてあった中の一文に釘付けになりました。

「(略)今回は口座開設を見送らせていただくことになりました。(略)」

 

なぬっ?!

 

全く予想していない通知だっただけに一瞬頭が真っ白になり、その後、審査落ち=7,000ポイントさようなら。という現実に大きなショックを受けました(+o+)

 

原因は単なる凡ミスの可能性が高い 

 

しかし、いつまでも悔やんでいてもしょうがないので、原因を考えてみました。

 

却下条件を一つ一つ検証してみるとあることに気が付きました。

「そういえば、陸マイラーやる前に自分の口座を開設したのってこのPCじゃなかったっけ・・・?」

これまでにDMM FXや外為ジャパンFXでは、夫婦ほぼ同時に申し込みをしていたので、アドレスや使用する端末には細心の注意をはらっているつもりでした。

特に端末については、「妻はPC、自分はスマホということをルール化してました。

なので、今回も妻の分なのでPCから申し込みをしてしまいましたが、数ヶ月前に自分が同じPCから申し込みをしていたため、重複してしまったのではないかということです。審査落ちについては、問い合わせても教えてもらえないので真相は分からないですが、少なくとも自分がうっかりミスをしたことは明白であり、ただただ後悔です。。。

皆様もお気を付けください。

 

本日も駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 ※よろしければ、以下のボタンをポチっと押してください。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村